ゴードン・ライトフットGordon Lightfoot

ゴードン・ライトフットGordon Lightfoot (1938~トロント近くのオリリア出身)

小学2年のビートルズ体験以後では最初のぼく的ヒットをもたらした人の一人。ちなみに、レコードを買ってもらった最初は1966年のモンキーズのデビュー曲「恋の終列車Last Train to Clarksville」c/w「希望を胸に」。田舎のレコード屋にはライトフットの作品は置いてなかった上に、自分に、アーチスト名と曲名を突き止めてレコード屋に注文して買うという知識がまだなかった。それにまだ個人によるカタログ注文などがポピュラー音楽全般にできるわけではなかったと思う。

さて、ライトフットを知ったのはたぶん小学校6年か、中学1年のNHK-FMの日曜朝の「世界のメロディ」だったと思う。そのあとにあの偉大な小泉文夫先生の「世界の民族音楽」をやっていた。我が家ではこの頃にソニーのオープンリール・テープレコーダーTC-900(エンジ色で結構シックだった)を購入していたので、録音レバーと一緒に進行レバーをガチャッと回す両手オペレーションの、今から考えるととっても面倒なものだったけれど、ラジオのスピーカーの前にマイクを置いて録音する極めて原始的な方法でのエアチェック。ラジオでかかって、お、いいなとガチャッと録音した曲は結構覚えているものだけれど、特にカナダ・アメリカ系「フォークソング」はいろいろ覚えている。ライトフットはIn the Early Morning Rain とSoftly、エリック・アンダーセンのCome to My Bedside, My Darling(加藤和彦などが日本語カバーをしました)、1963年8月のワシントン大行進(キング牧師のI Have a Dream演説(注1)で有名な)のときWe Shall Overcome「勝利を我等に」(注2)を歌い、ディランのWhen The Ship Comes In「船が入ってくるとき」でコーラスをとり、そしてディランを世に出してブレークするまでの間、一時恋愛関係にもあったジョーン・バエズ、等々。バエズは1967年1月に来日していますね。ヤマハの音楽日めくりというなかなか楽しいwebがあるので参考に。

http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=20010111

前置きはそろそろこれくらいにして、ライトフット。

In the Early Morning Rainはいい曲です、ほんとに。ファースト・アルバムLightfoot!(1966)所収。オレの彼女は雨なんか降らないサンシャインの西海岸にでかいボーイング707で行っちゃうってよ、この朝っぱらからの雨の中、このオレったら1ドルしかなくって行く当てもない、汽車なら飛び乗る(注3)ところだけどジェット機じゃなあ、飛び乗れゃしねえ、ちぇっ、という内容。ディランはライトフットのファンであることを公にしていて1970年の自画像Self Portraitでカバー。コーラスワークではPP&M(ピーター・ポール&マリー)のカバーが素晴しいが、おらが故郷トロントの先輩ライトフットに敬意を表したニールヤングも2014年のディランなどの名曲のカバー・アルバムA Letter Homeでカバー。このアルバムはわざとモノラルで録音されて昔のラジオの風情を演出しているものなので、普通のステレオサウンドで聞きたければFarm Aid 2013のyou tube 音源がおすすめです。

Softlyはライトフット定番の12弦をmaj7th多用しとてもロマンチックな仕上がりの名曲。1967年のセカンド・アルバムThe Way I Feel に入っている。このアルバムはCanadian Railroad Trilogyも入っている名盤。こっちの曲については、1967年はカナダ建国100年の年で、ライトフットがカナダの公共放送であるカナダ放送協会(CBC)から委託を受けて作ったもの。国家発展の礎となった大陸横断鉄道(Canadian Pacific Railroad)建設の夢に向けて血と汗を流した国民をたたえる内容。1972年BBCライブyou tube音源に、カナダ人でこの曲を知らないということはあり得ないし、もしそうであれば人生に失敗する(!)とまでコメントしている人がいる。うーん、言いたいことはわかるけど、日本にそのような歌があるのかなあ。ともあれ今回紹介した3曲が今はファースト、セカンド・アルバムの2枚1CDでお得に聴けるのはうれしい限り。

(注1)1963年8月28日に行われたMarch on Washington for Jobs and Freedomだから、正しくは「仕事と自由を求めるワシントン行進」。約25万人(大部分がアフリカ系黒人)が行進した。キング牧師は当日別のスピーチ予定稿を用意していたが、I Have a Dreamの部分は予定稿にはなかった。出演した黒人霊歌の女王マヘリア・ジャクソンがスピーチ中の牧師に2回も「あの夢のことを聴衆みんなに言いなさいよ、マーチン」とせっついて、牧師が原稿を離れて即興的に行ったもの。その2か月ほど前の6月23日に行ったデトロイトの市民権運動での演説で大体の骨格ができており、それを聞いたジャクソンが強い感銘を受けていたためだと言われている。

http://www.thisdayinquotes.com/2013/08/the-mlk-speech-that-almost-wasnt-i-have.html

(注2)2010年2月10日にディラン、バエズ、ジョン・メレンキャンプ、スモーキー・ロビンソン等錚々たるミュージシャンがホワイトハウスで開催された「市民権運動から生まれた音楽を祝うイベント」でそれぞれバラク大統領ら政府高官や関係者に演奏を披露した際、バエズは「勝利を我等に」を歌っている。

(注3)「汽車に飛び乗る」というのはもちろん無賃乗車しながらアメリカを渡り歩いた渡り鳥労働者、ホーボー(hobo)の行動を暗示する内容。文学・音楽の世界ではディランの師匠ウディ・ガスリーを含め多くの人がホーボーをアメリカの自由なフロンティア精神を体現している人たちと考え、憧れと共感を示した。(Wikipediaより一部引用)なお、西海岸に行っちゃう彼女を追っかけて行った訳ではないかもしれないが、ライトフットは1958年から2年ほどハリウッドの音楽学校でジャズ作曲技法とオーケストレーションを学んでいる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください